NPO・面会交流支援室「ぐっどペアレンツ・いわて」
NEWS

2018.02.14
現在、支援枠に若干の空きがあります。ご相談ください。ただし、毎月ではなく年数回という頻度の方のみとなっています。
お申込みの際は、家裁での調停合意など取り決めの確定前に一度ご連絡ください。


 
非営利団体NPO・面会交流支援室「ぐっどペアレンツ・いわて」へようこそ。
当支援室は岩手県内の「離婚後の親子の面会交流」についてのサポートを行っています。

このWEBサイトにご訪問くださったのは、実際に面会交流を実施しようとされている親御さんが多いと思います。面会交流を行おうと考えていただきまして、支援組織からも感謝申し上げます。


現在、日本の法律上、夫婦の離婚の際には子どもの親権は単独親権となり、その子どもはどちらかの親(同居親)に養育されることになります。その場合、一緒に生活できない方の親(別居親)が子どもに会おうとすれば、同居親の許可を得て、子どもとの「面会交流」を行わなければなりません。

しかし、夫婦間には様々な問題があって、そのために離婚に至ったわけですから、元夫婦が離婚後に顔を合わせたくないというケースも多いかと思います。そうなれば、子どもとの面会も簡単ではありません。

ただ、ここで考えなければならないのは、子どもの気持ちや親子関係のことではないでしょうか。
子どもは同居親側の顔色や気持ちを察して、別居親に会いたいとはなかなか口には出せないことも多いでしょう。夫婦間には問題はあっただろうけど、子どもは自分の両親のことが好きなものです(もちろん家庭環境は様々で、お子さんの心情も様々ですので、配慮が必要です)。

両親…そうです、2人の親は離婚後も子どもにとっては一生「両親」なのです。
葛藤の激しい元夫婦間であっても、「子どものためなら」と、面会交流の部分だけでも何とか協力し合えるようにと考え、私たちは家族の仲介サポート・援助を行うこととなりました。

両親の生き方を両方見て、子どもたちは学ぶものがあると思います。
ダメな親であれば、子どもがそう判断します。良い親であれば、子どもがそう判断します。
子どもを信じて、元夫婦間で協力し合い、別居親と子どもが面会をする機会を作ってみてはいかがでしょうか。そのことが同居親と子どもの関係性をも良くするケースもあります。
一方、面会交流が必要だとは言えないケースもあります。元夫によるモラハラ・DV・子への虐待傾向など…そういった部分の対処も含め、まずはお気軽にご相談をいただけたらと思っています。


※同居親という表現は、他にも監護親、養育親などの呼び方もあります。


REPORT

2018.03.19
春と夏は面会交流が増える季節です。すでに4月、5月の面会交流支援の予約が次々と入っています。
ご希望の日を予約するためには少し早めにご連絡ください。相手方のご都合もありますので、なんとかお互いに譲り合って合意できるように支援していますが、時に妥協も必要となるかと思います。よろしくお願いいたします。
夏の予約はまだ早すぎますので6月下旬くらいからのご連絡でお願いいたします。


2009.04.01
岩手県初の「離婚後の親子の面会交流支援団体」としてスタート。


おすすめスポット

盛岡城跡公園(岩手公園)

当支援室から徒歩5分の公園でお散歩を。亀の池や神社があります。

盛岡市動物公園

当支援室から車で10分。入場料大人500円、子ども無料。冬季は休園です。

岩山パークランド
車で10分の小さめな遊園地。入場料大人400円、子ども200円。冬季は休園です。

盛岡市子ども科学館
プラネタリウムもあります。車で10分。入場料大人200円、子供100円。


ラウンドワンスタジアム 盛岡店
ミニボウリングやアスレチックあります。車で8分。大人2080円、未就学児670円。


イオンモール盛岡南
車で11分。ゲームコーナーにアンパンマン系ゲームあります。

当支援室内
男女用おもちゃ、絵本、DVD(アンパンマン・ドラえもん)などいろいろあります。

 NPO・面会交流支援室「ぐっどペアレンツ・いわて」
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸17-7 藤島ビル201 
電話(フリーダイヤル)0120-153-215
お問い合わせ時間:午後13:00~20:00
※直接相談は予約制です