お知らせ(最新)

2023-01-17 16:00:00

面会交流支援のお知らせ(1月17日)

利用者の皆様、こんにちは。
岩手県の本日(1月17日)のコロナ感染者数は1,123人でした。人口10万人あたり590人です。
例えば、東京都と比較しますと、東京は本日の感染者数は11,120人で、人口10万人あたり540人ですので、人口比からいけば岩手県の方が感染者が多いという状況です。
岩手県は子どもの感染者が多く、年代別でも10代未満が2位となっています(1位は40代)。
そのため、当支援団体利用者さんのお子さんもかなりの割合で感染者となっていて、昨年12月初旬頃から面交が延期となっているケースも増えています。
状況に応じての支援となっていますが、急遽の予定変更等、ご協力をよろしくお願いいたします。

このようにコロナ感染者数があまり減っていないどころか、子どもたちの状況を見れば悪化しているという状況ですが、国や県の規制が出ない限りは面交支援は継続中です。
ただし、利用者の皆さんもご存じのように自主規制として、外食規制は継続中です。食事がある親子に関しては事務所内での食事となっています。

岩手県でも全ての学校で冬休みも終わりましたが、冬休み中にコロナで延期になった分、1月、2月の予約が過多となっていて、予約が取りづらい状況です。
複数の希望日を出していただいて、その中ですり合わせをしていく形になりますのでご協力のほどよろしくお願いいたします。

面会交流中の決まり事としましては、
1.不織布マスクは外さないこと(布・ウレタンマスクは入室できません)
2.定期的にアルコール消毒を実施すること
を守っていただきます。

3月までは寒い季節です。基本的には外遊びができないです。
まだまだ当面、事務所内などを中心に室内遊びになるかと思います。
一層、コロナや風邪、インフルなどの感染に留意し(当日と面会交流前の体調管理など)、面会交流の適切な実施のためにご協力をお願いいたします。